うつ症状の原因は様々|心の問題を心療内科で究明

このエントリーをはてなブックマークに追加

受診しやすい

顔を覆う女性

精神科や神経内科との違い

近年、メンタルクリニックという看板を掲げたクリニックが増えてきました。メンタルクリニックは、その名の通り心の病気を扱うクリニックです。病院では精神科・心療内科・神経内科といった分け方がありますが、メンタルクリニックでは一般的にそれらを兼ね備えた病院という考え方です。神経科や心療内科などには違いがあります。一般的に神経科では、心の症状である不眠や不安・幻覚・うつ状態などを扱います。神経内科の場合は神経の異常である震えや力が入らない、体がうまく動かないなどの症状を診ます。心療内科では、不眠や疲労感など体の不調があり、それらの原因がストレスなどの心因的なものであると思われるものを診てくれます。心療内科では心身症といって「心に原因があり、それにより体に影響している」病気を扱う科です。心身症とは、心理的なものが原因で、身体の病気になるもので、主な症状としてストレスや心の影響により生じた喘息・高血圧・胃潰瘍・心筋梗塞などがあげられます。心身症とは、心が原因で生じた体の病気はすべて心身症になります。

主な原因であるストレス

心身症の原因となるものは主にストレスです。ストレスは精神科の領域でもありますが、ストレスにより胃潰瘍や高血圧などの症状が現れることから、内科の要素も含まれてくるため、心療内科にかかることが最適になります。心療内科での治療は、問診やカウンセリングをじっくりと行い、体の症状を聞き取ります。そして原因になっているストレスや不安などを取り除くため、投薬治療やカウンセリングを重ねていく方法がとられます。カウンセリングを通して患者と医師の信頼関係を築くことで、治療がスムーズに進むようになります。心理療法では、カウンセラーやセラピストが患者に寄り添い、急がずに治療をすることが必要です。心理療法や認知行動療法などにより、患者とカウンセリングを行うことで、患者の心と体をいやしていきます。心身症では喘息や高血圧などの体の症状の悪化や、うつ病やパニック障害・対人恐怖症など、心理的な影響もあります。それらの症状に合わせたカウンセリングと投薬治療を行うことで、症状改善を目指します。

Copyright © 2016 うつ症状の原因は様々|心の問題を心療内科で究明 All Rights Reserved.